カテゴリー

いま観察できる植物

2022年10月2日
オミナエシ、ツリガネニンジン、タヌキマメはそろそろ終わりです。ナガバノウナギツカミ、コブナグサ、カゼクサ、チカラシバが咲き出しました。サワヒヨドリ、カワラケツメイ、ワレモコウ、ススキ、トダシバ、ネズミノオ、オトコヨモギ、ヨモギ、オガルカヤが観察できます。
食虫植物ではコモウセンゴケ、シロバナナガバノイシモチソウが観察できます。

9月、10月の公開日は土日、祝日の9時~15時です。
その他の日は観察路に入れませんのでご注意ください。

サワヒヨドリ(見頃です)
カワラケツメイ(花は葉の下に下向きに咲きます)
ワレモコウ(見頃です)
ツリガネニンジン(そろそろ終わりです)
タヌキマメ(開花は1時過ぎ)

オミナエシ(そろそろ終わりです)
イトイヌノヒゲ(小さな花が点々とさいている)

コモウセンゴケ(重なり合って生えている)

シロバナナガバノイシモチソウ(花は午前中)
シロバナナガバノイシモチソウ(蝶の羽がボロボロになっている)
ネズミノオ(種子が裸出している)
チカラシバ(ごわごわしていかにも丈夫そう)
オガルカヤ(花序の付き方が面白い)
コブナグサ(咲き始めです。葉を小舟に例えた)