群落だより8月号

 心配した先月末の台風は群落の真上を通過したようで植物には特に影響は出ていません。コバギボウシ、オミナエシ、タヌキマメなどの開花が楽しみです。猛暑ですが湿原を渡る風はさわやかです。どうぞお出かけ下さい。

コオニユリオニユリコオニユリオニユリのムカゴ

管理棟のある北区ではナガバノイシモチソウ、ミミカキグサ、ホザキノミミカキグサを見ることが出来ます。南区の木道からは主にコモウセンゴケが見られ、 ホザキノミミカキグサが所々に細い茎に紫色の花を咲かせています。花の大きさはナガバノイシモチソウで直径1cmくらい、ホザキノミミカキグサは4mmく らいです。

ナガバノイシモチソウホザキノミミカキグサ

その他の植物

ノアズキヒメシロネ

ヨシ刈り

7月31日の午後は愛土会の方々と共に大型植物の刈り取りを行いました。手作業によるススキ株の刈り取りも同時に行いました。一部の作業が雷が鳴り大雨 のさなかで落雷の心配をしました。後で同じ九十九里平野の白子町の海岸で落雷があり、犠牲者が出たことを知りました。

第12回食虫植物子ども教室開催(7月31日)

  成東・東金食虫植物群落を守る会ではこの群落をぜひ後世に残して生きたいと願い活動しています。
その一環として食虫植物子ども教室を開催し、当日はビデオ鑑賞、植物観察、標本作りなどをしました。とても暑い日でしたがみんな一生懸命でした。夏休みの自由研究のひとつになるかな。子ども教室子ども教室子ども教室

2005年6月26日 食虫植物

この時期は食虫植物の花が全部見れるようです。

今日撮影した食虫植物はナガバノイシモチソウ、モウセンゴケ、コモウセンゴケ、イシモチソウです。

イシモチソウコモウセンゴケモウセンゴケナガバノイシモチソウ

その他はノハナショウブです。

ノハナショウブ