カテゴリー
02 その他の植物

2020年9月1日 ハイメドハギ

9月に入り、公開日は土日、祭日のみになりました。

ハイメドハギが咲きだしました。赤紫色の筋の入り方が特徴的です。まだ咲きませんがメドハギは中心部だけが赤紫色に染まります。

ハイメドハギ(所々で見られます)
カテゴリー
02 その他の植物

2017年9月27日 ネズミノオ

とても地味ですがネズミノオが花盛りです。オオバコも咲いています。
お墓に続く道にはその他カゼクサ、チカラシバが咲いています。
観察路からはオミナエシ、ハイメドハギ、サワヒヨドリもきれいです。

ネズミノオ(穂が堅くネズミの尾の名がある)

ネズミノオ(種子もたくさん付いている)

オオバコ(花盛り)

ハイメドハギ(花色がきれい)

サワヒヨドリ(見頃です)

カテゴリー
02 その他の植物

2017年9月16日 カワラケツメイ

カワラケツメイはとても生命力の強い植物です。
最初は葉に隠れるように花が付きます。
その後、最初の花が豆果になるころ、2度目の花が上向きに咲きます。
そして、3度目の花は葉腋に花序を出し、咲きます。
どれだけ花をつけたら気が済むのかとあきれるばかりです。
ツルマメは秋の終わりにとても小さな花をつけていることがあります。
その花の豆果はとても小さいです。
ハイメドハギやメドハギは閉鎖花(花が開かずに実を結ぶ)をつけます。
したがって見ていた花の数よりはるかに多くの果実を見ることになります。

カワラケツメイ(上向きに付く花、隣に豆果が見える))

ツルマメ(2個並んだ姿が愛らしい)

ハイメドハギ(色合いがとてもきれい)

カテゴリー
02 その他の植物

2017年9月7日 ハイメドハギ

ハイメドハギが咲き出しました。花弁の外側から流れ込むように色が付きます。
イトイヌノヒゲは今を盛りに咲いています。
目立ちませんがヒメシロネも可愛い花をつけています。

ハイメドハギ(大好きな花です)

イトイヌノヒゲ(見事に咲いています)

ヒメシロネ(葉腋に花がつきます)

カテゴリー
02 その他の植物

2014年9月22日 メドハギとハイメドハギ

今年はメドハギ、ハイメドハギ共に花付きがよいようです。
とてもきれいです。
メドハギは白い花で芯が赤色で、葉は長細いです。木立ちになります。
ハイメドハギは花の縁が紫色で芯に向かい流れるように色が付き、葉は丸みを帯びています。
ハイの意味は這うですがここの群落では斜上です。

同じくマメ科の植物ですがちょっとユニークな名前のタヌキマメも紹介します。

メドハギ(芯がほんのり赤い)
メドハギ(芯がほんのり赤い)

ハイメドハギ(縁から芯にかけて紫色を帯びる)
ハイメドハギ(縁から芯にかけて紫色を帯びる)

タヌキマメ(花期は9月末頃まで)
タヌキマメ(花期は9月末頃まで)