カテゴリー
02 その他の植物

2012年9月12日 マメ科植物

今の季節はマメ科植物が元気です。
メドハギ、ハイメドハギはとても花付きがよく目立ちます。
ツルマメ、ヤハズソウは淡紅紫色の花、カワラケツメイ、ノアズキは黄色の花、ネコハギは白色、タヌキマメは青紫色。それぞれ個性的です。タヌキマメは午後にならないと開花しません。

メドハギ(花は縁が白色で芯が赤紫色)
ハイメドハギ(花は縁から中心部にかけて紫色が流れる)
ツルマメ(小さな花がたくさん付く)
ヤハズソウ(花は約5mmで見逃しそう)
カワラケツメイ(花は蝶形にならない)
ノアズキ(渦巻き状の花は独特)
ネコハギ(葉は毛深くさわるとふわふわと気持ちがいい)
タヌキマメ(午後に開花)
カテゴリー
02 その他の植物 04 群落の風景

2012年9月3日 ミズオトギリ

午前中に川崎から来られた男性がタヌキマメとミズオトギリを是非見たいと言っていました。
タヌキマメは午後の開花、ミズオトギリは3時過ぎの開花です。3時過ぎまで粘るそうです。
私もお昼過ぎに帰ったのですがもう一度3時半頃に来てミズオトギリとタヌキマメの写真を撮りました。

ミズオトギリ(美しいの一言)
ミズオトギリ(葉には明点がある)
タヌキマメ(可愛らしくて大好きな花です)
オミナエシとツリガネニンジン(秋の雰囲気)
カテゴリー
01 食虫植物 02 その他の植物

2012年8月29日 ナガバノイシモチソウ

ナガバノイシモチソウがたくさんの虫を捕まえています。
今日は3か所でイトトンボが捕まっていました。
花もたくさん咲きますが昼頃にはしぼみます。
ゴマクサ、オトギリソウも花が見られるのは午前中です。
昼過ぎに咲くのはタヌキマメ、3時過ぎに咲くのはミズオトギリです。

ナガバノイシモチソウ(イトトンボがもがいている)
ゴマクサ(午後には散ってしまう)
タヌキマメ(開花は午後)
オトギリソウ(今年は草丈が低い)
カテゴリー
02 その他の植物

2010年9月13日 マメ科植物

今日は群落でこの時期に見られるマメ科植物を紹介します。
よく見るとそれぞれ個性がありますね。

カワラケツメイ(蝶形にならない 直径約7mm)
クズ(総状につく 長さ約2cm)
メドハギ(中心部が赤紫色 長さ6~7mm)
ハイメドハギ(紫色を帯びる 長さ約7mm)
ノアズキ(中央の竜骨弁がくるりとねじれている 約2cm)
タヌキマメ(午後に開花 長さ約1cm)
ツルマメ(葉の付け根に数個ずつ咲く 長さ5~8mm)
ヤハズソウ(葉の影になり花が目立たない 長さ約5mm)
カテゴリー
02 その他の植物

2010年8月30日 ツリガネニンジン

ツリガネニンジンは変化の多い植物です。葉の付きかた、花の色や形もそれぞれ違います。
白花もきれいだなあと思って遠くから眺めていたのですがしみじみと眺めたら花冠から飛び出している花柱の色のきれいなこと。
「早く気がついてあげなくてごめんなさい」という気持ちで写真を撮りました。写真をクリックすると拡大します。

ツリガネニンジン(この花は少し細身ですね)
ツリガネニンジン(突き出した花柱が紫色できれい)
タヌキマメ(群落一番の人気者)