カテゴリー
01 食虫植物 02 その他の植物

2007年5月8日 コモウセンゴケとトキソウ

コモウセンゴケが1円玉位の大きさになってきました。トキソウも早く満開になりそうです。トキソウを楽しみにしている方は今が見頃かも知れません。

コモウセンゴケ(南区で点々と見られます)トキソウ(ピンクの花色は印象的です)

カテゴリー
01 食虫植物 02 その他の植物

2006年10月3日 サクラタデとコモウセンゴケ

10月になってしまいました。
サクラタデの清楚な花が風にゆれています。
コブナグサ、カゼクサ、チカラシバなど懐かしい原風景を思わせるような
植物も見られます。
コモウセンゴケは秋の枯れ色の中で頑張っています。

サクラタデコモウセンゴケ

カテゴリー
01 食虫植物

2006年6月1日 イシモチソウが満開

6月になりました。イシモチソウは今、満開です。
開花は午前中です。コモウセンゴケも地面を赤く染め始めました。
トキソウは少しだけ咲き残っています。

イシモチソウの花です。 時々ガガンボが捕まっており、肉眼でもはっきりわかりますイシモチソウの間に赤く見えるのはコモウセンゴケです

カテゴリー
01 食虫植物 04 群落の風景

2005年12月9日 冬枯れの群落

群落は一面冬枯れです。そんな中でコモウセンゴケが枯れ葉の間に赤く見えています。
ミツバツチグリの草紅葉も木道脇できれいです。

カルガモが池から飛び立ちました。ちょっとあわてる様子にカメラを向けました。

冬枯れの群落 日差しがやわらかいコモウセンゴケミツバツチグリ池から飛び立つカルガモ

周辺の畑にはねぎや小松菜などの野菜が青々としています。いちご園も開店し始めました。
ホトケノザやオオイヌノフグリも田畑の縁に見られます。
しかし、群落は一面冬枯れです。これが自然の姿だと主張しているようです。

カテゴリー
01 食虫植物 02 その他の植物

2005年9月23日 タヌキマメとコモウセンゴケ

タヌキマメ、やっと名前の由来が分かった気がする・・・

タヌキマメ、やっとタヌキらしいショットが撮れたような・・・イナゴが至るところで跳ねてましたコモウセンゴケは相変わらず大群生しています