カテゴリー
01 食虫植物 02 その他の植物

2021年10月0日 ヤマラッキョウ

ヤマラッキヨウ、ウメバチソウが咲き出しました。
秋の観察週間は24日~30日の10時~11時半です。
ちょうど見ごろになることでしょう。

ヤマラッキョウ(咲き出しました)
ヤマラッキョウ(白花の蕾も見られます)
サワヒヨドリ(秋の深まりを感じます)
コモウセンゴケ(ススキの掘り取り穴の中に見られます)

アキノウナギツカミ(茎はざらつく)

 

カテゴリー
01 食虫植物 02 その他の植物

2019年7月31日 ツユクサ

梅雨があけたと思ったら急に暑くなり、体がついていきません。コオニユリが満開です。
ノアズキ、ヤマイ、オトギリソウ、ミズオトギリが咲き始めました。ミズオトギリは3時半頃にならないと咲きません。
ツユクサがきれいなので写真に撮りました。

ツユクサ(花びらは3枚あります)
コモウセンゴケの花
カテゴリー
01 食虫植物 02 その他の植物

2018年10月18日 晩秋の植物

そろそろ、晩秋の植物の登場です。
ホソバリンドウ、アキノウナギツカミは見頃です。
ヤマラッキョウ、ウメバチソウは蕾が大きくなっています。遠くの方では開花している株も見られます。
コモウセンゴケはきれいな赤色をしています。
シロバナナガバノイシモチソウは今頃の季節は先端部分だけが元気です。
見学は土日のみですが平日に見学を希望される方は山武市歴史民俗資料館の文化財担当(電話 0475-53-3023)に日時を申し込んでください。

ホソバリンドウ(晴れていないと開かない)

アキノウナギツカミ(葉は茎を抱く)

ヤマラッキョウ(もう少しで開花します)

ウメバチソウ(白くて大きな花が咲きます)

コモウセンゴケ(もうしばらく見ることが出来ます)

シロバナナガバノイシモチソウ(そろそろ終わり)

カテゴリー
01 食虫植物

2018年7月20日 シロバナナガバノイシモチソウ

毎日、猛暑が続いています。
群落ではコオニユリが満開です。
シロバナナガバノイシモチソウは捕虫が見られます。
ミミカキグサ、ホザキノミミカキグサがぼちぼち見られるようになりました。

シロバナナガバノイシモチソウの花

シロバナナガバノイシモチソウの捕虫

コモウセンゴケの花

コモウセンゴケ

カテゴリー
01 食虫植物 02 その他の植物

2018年5月5日 コモウセンゴケの開花

コモウセンゴケが写真を撮れる場所に開花し始めました。
トキソウ、コキンバイザサは満開です。

コモウセンゴケ(花はピンク)

トキソウ(満開)

コキンバイザサ(花は午前中)