カテゴリー
01 食虫植物 02 その他の植物

2013年8月18日 オミナエシ

オミナエシの花数が増えてきましたが例年よりずっと草丈が低く、花序が小さいです。
小さいので一面のオミナエシにはならないようです。花の盛りも今かもしれません。
コバギボウシやツリガネニンジンが目立ちます。
ナガバボイシモチソウは今年は非常に多いです
ナガバノイシモチソウに混じり、ミミカキグサ、ホザキノミミカキグサ、イトイヌノヒゲ、コケオトギリ、ムカゴニンジンなどが生育しています。
ヒナノカンザシ、アイナエ、ヒメナエなども見逃すわけにはいきませんね。

オミナエシ(株が小さい)
オミナエシ(株が小さい)
コバギボウシ(あちこちに咲いています)
コバギボウシ(あちこちに咲いています)
ツリガネニンジン(釣鐘状の花が可愛い)
ツリガネニンジン(釣鐘状の花が可愛い)
ツリガネニンジン(白花)
ツリガネニンジン(白花)
ナガバノイシモチソウ(見事!)
ナガバノイシモチソウ(見事!)
イトイヌノヒゲ(総苞片は緑白色で透き通るよう)
イトイヌノヒゲ(総苞片は緑白色で透き通るよう)
ヒナノカンザシ(ぴったりの名前ですね)
ヒナノカンザシ(ぴったりの名前ですね)
オトギリソウ(花は午前中)
オトギリソウ(花は午前中)
カテゴリー
01 食虫植物 02 その他の植物

2011年8月14日 夏の一日

暑くて暑くて、皆様いかがお過ごしですか?
群落の夏の花を紹介します。
群落は無風の日もありますが結構風があり、過ごしやすいです。
今は一番観察できる植物の多いときです。

写真をクリックすると拡大します。

ヒメシロネ(小さい花がたくさん咲いています)
コバギボウシ(薄紫の花は涼しげ)
コバノカモメヅル(咲き出したばかり)
ナガバノイシモチソウ(花は午前中)
ノアズキ(渦巻状の花は珍しい)
オミナエシ(8月の末にかけて花数が増える)
オトギリソウ(花や葉に黒い点や線がある)
ツユクサ(ブルーがすてき)
ワレモコウ(花は上から咲く)
ヤブガラシ(グリーンの花びらがまだ付いている)
カテゴリー
01 食虫植物 02 その他の植物

2010年8月21日 タヌキマメ

タヌキマメが咲き出しました。なんとも愛嬌があって好きな花です。
咲くのは午後になってからです。
ナガバノイシモチソウにはたくさんの虫が捕まっています。
ノアズキは渦巻き状の花をつけています。
暑い時ですが観察出来る植物数の多いときです。

タヌキマメ(正面から)
タヌキマメ(ちょっと横から)
コバギボウシ(紫の花は群落の清涼剤)
ナガバノイシモチソウ(虫を捕らえている)
ノアズキ(花の形がおもしろい)
カテゴリー
02 その他の植物

2010年8月19日 コバギボウシ

お盆が過ぎたというのに暑い夏ですね。群落では夏休みの自由研究にと訪れる親子連れが目立つようになりました。暑い時期ですが食虫植物ではナガバノイシモチソウ、コモウセンゴケ、ミミカキグサ、ホザキノミミカキグサなどが観察出来ます。その他ではオミナエシ、コバギボウシ、ツリガネニンジン、オトギリソウ、ヒメシロネ、ヒメナエ、ミズオトギリ、タヌキマメなどたくさんの植物が見られます。群落を渡る風はいくぶん涼しくなりました。

いま観察できる植物 (クリックしてください)

コバギボウシ(涼しそうな花色です)
カテゴリー
02 その他の植物

2006年8月6日 センニンソウ

センニンソウの花が咲き出しました。
里山の林縁などに普通にある植物ですが管理が行き届いている場所では
刈り取られる運命にあるようです。

センニンソウコバギボウシ

センニンソウ、コバギボウシ共に管理棟後ろで撮影しました。
駐車場から歩いて来ると管理棟に着く前に見る事が出来ます。