カテゴリー
02 その他の植物

2019年9月13日 カワラケツメイ

カワラケツメイ、ヤハズソウ、ツルマメ、ノアズキ、ネコハギ、メドハギなどのマメ科植物がいろいろ観察できます。

カワラケツメイ(花は葉の下に下向きに咲きます)
ネコハギ(葉に毛が多くフワフワしている)
カテゴリー
02 その他の植物

2017年9月16日 カワラケツメイ

カワラケツメイはとても生命力の強い植物です。
最初は葉に隠れるように花が付きます。
その後、最初の花が豆果になるころ、2度目の花が上向きに咲きます。
そして、3度目の花は葉腋に花序を出し、咲きます。
どれだけ花をつけたら気が済むのかとあきれるばかりです。
ツルマメは秋の終わりにとても小さな花をつけていることがあります。
その花の豆果はとても小さいです。
ハイメドハギやメドハギは閉鎖花(花が開かずに実を結ぶ)をつけます。
したがって見ていた花の数よりはるかに多くの果実を見ることになります。

カワラケツメイ(上向きに付く花、隣に豆果が見える))

ツルマメ(2個並んだ姿が愛らしい)

ハイメドハギ(色合いがとてもきれい)

カテゴリー
02 その他の植物

2012年9月28日 ワレモコウ

秋らしい陽気になってきました。
群落はオミナエシとワレモコウで埋め尽くされています。
ヤマラッキョウの蕾も大きくなってきました。
ここで心配なのが台風の影響ですね。
風台風が来ると蕾が痛んでしまいます。

カワラケツメイは2度咲きを始めました。
一度下向きに咲き、豆果が出来るころになると今度は上向きに花を咲かせます。
西日本ではツマグロキチョウ(蝶)の食草ということで減っているそうですがこの群落では増えているのではと感じます。

オミナエシ(見事な群落)

ワレモコウ(まだしばらく楽しめそうですね)

カワラケツメイ(左に豆果、右に上向きの花)

カテゴリー
02 その他の植物

2012年9月12日 マメ科植物

今の季節はマメ科植物が元気です。
メドハギ、ハイメドハギはとても花付きがよく目立ちます。
ツルマメ、ヤハズソウは淡紅紫色の花、カワラケツメイ、ノアズキは黄色の花、ネコハギは白色、タヌキマメは青紫色。それぞれ個性的です。タヌキマメは午後にならないと開花しません。

メドハギ(花は縁が白色で芯が赤紫色)

ハイメドハギ(花は縁から中心部にかけて紫色が流れる)

ツルマメ(小さな花がたくさん付く)

ヤハズソウ(花は約5mmで見逃しそう)

カワラケツメイ(花は蝶形にならない)

ノアズキ(渦巻き状の花は独特)

ネコハギ(葉は毛深くさわるとふわふわと気持ちがいい)

タヌキマメ(午後に開花)

カテゴリー
02 その他の植物

2012年9月2日 オミナエシ

オミナエシが見事に咲いています。
お天気が不安定なのが気になりますが是非、見に来てください。
ヒメハッカ、コバギボウシも咲き始めました。

9月に入り、管理棟を開けるのは土曜日、日曜日、祭日、そして水曜日になります。
管理棟は空いていませんが観察は出来ます。受付表に記入してから見学してください。

オミナエシ(秋の七草のひとつ)

ヒメハッカ(薄紫のやさしい感じの花)

カワラケツメイ(葉に隠れるように咲く)

コバノカモメヅル(直径1cmほどの花)