カテゴリー
02 その他の植物

2012年11月5日 晩秋の彩り

今の季節には紅葉位しかないと思っていらっしゃる方が多いと思います。
ところがここ成東・東金食虫植物群落では秋真っ盛りです。
山の上ではとっくに終わっているヤマラッキョウ、ウメバチソウ、ホソバリンドウ、リンドウなどが今を盛りと咲いています。コモウセンゴケも真っ赤になっています。タカトウダイの草紅葉もきれいです。守る会では中旬まで土日に案内活動をしています。是非、晩秋の群落を楽しんでください。

ホソバリンドウ(天気が悪いと開きません)
ホソバリンドウ(清楚でいいですね)
ウメバチソウ(仮雄しべがきれい)
ヤマラッキョウ(管理棟周辺にたくさん咲いている)
ヤマラッキョウ(群生している)
ヤマラッキョウ(白花も見られる)
カテゴリー
02 その他の植物 04 群落の風景

2011年11月5日 ヤマラッキョウ

ヤマラッキョウが見事に咲いています。
白花もあり、よく見ると雄しべの色が違います。
後1週間ほどはきれいな花が見られるでしょう。
タカトウダイやオトコヨモギの紅葉もステキです。

写真をクリックすると拡大します。

ホソバリンドウ(よく目立つ)
ウメバチソウ(美しい!)
ウメバチソウ(咲き始めも神秘的)
ウメバチソウ(花びらが落ちたあと)
ヤマラッキョウ(小さな来訪者 フタモンアシナガバチ)
ヤマラッキョウ(忙しく動き回るミツバチ)
ヤマラッキョウ(なかなか見事でしょう)
ヤマラッキョウ(白花 雄しべの色も観察してください)
ヤマラッキョウ(仲良く並んで)
カテゴリー
01 食虫植物 02 その他の植物

2011年10月22日 晩秋の群落

待ちかねていたヤマラッキョウ、ウメバチソウ、ホソバリンドウが咲き出しました。
明日は秋の観察会、晴れて皆様に秋の花を堪能してほしいと願っています。
一足早く、秋の花々を公開します。

写真をクリックすると拡大します。

ヤマラッキョウ(花数が増えるのが待ち遠しい)
ウメバチソウ(丸い蕾がいっぱい)
ホソバリンドウ(晴れると開花)
アキノウナギツカミ(葉は茎を抱く)
ナガバノウナギツカミ(花柄に腺毛がある)
アキノキリンソウ(舌状花がまばらな感じにつく)
アキノノゲシ(大きくて立派)
ゲンノショウコ(繊細な色使い)
カントウヨメナ(花も大きく野菊の代表格)
コバノカモメヅルの袋果(熟すと綿毛がついた種子が飛び出す)
タカトウダイの紅葉(赤が際立つ)
ナガバノイシモチソウ(しっかり虫をつけている)

コモウセンゴケ(一番遅くまで見られる食虫植物)

コモウセンゴケ(小さな虫が捕まっている)

カテゴリー
02 その他の植物 04 群落の風景

2011年10月17日 待ち遠しいヤマラッキョウの開花

そろそろ群落では晩秋を彩る植物の季節です。ヤマラッキョウ、ウメバチソウ、ホソバリンドウなどです。
ホソバリンドウは開花しました。ヤマラッキョウ、ウメバチソウは蕾が大きくなってきました。
タカトウダイの紅葉も楽しみです。

開花したホソバリンドウとワレモコウ、サワヒヨドリ
ヤマラッキョウ(開花が待ち遠しい)
ウメバチソウ(咲かないと目立たない)
ヒメジソ(小さな小さな花)
カテゴリー
02 その他の植物

2010年10月31日 ヤマラッキョウは満開

台風は海上を抜けて群落の花々には被害がありませんでした。
今日の午後には多くの方々に晩秋の群落を楽しんでいただくことが出来てほっと一安心の一日でした。
ヤマラッキョウは満開に近くなりました。ウメバチソウやホソバリンドウも競うように咲き、皆様をお待ちしています。
タカトウダイも紅葉を始めました。今年は11月中旬まで晩秋の花々を楽しめそうです。

ヤマラッキョウ(株数が多く群落になっています)
ヤマラッキョウ(白い花もある)
ウメバチソウ(白さが際立つ)
タカトウダイの紅葉(秋の気配)