カテゴリー
01 食虫植物 02 その他の植物

2021年10月0日 ヤマラッキョウ

ヤマラッキヨウ、ウメバチソウが咲き出しました。
秋の観察週間は24日~30日の10時~11時半です。
ちょうど見ごろになることでしょう。

ヤマラッキョウ(咲き出しました)
ヤマラッキョウ(白花の蕾も見られます)
サワヒヨドリ(秋の深まりを感じます)
コモウセンゴケ(ススキの掘り取り穴の中に見られます)

アキノウナギツカミ(茎はざらつく)

 

カテゴリー
02 その他の植物

2021年10月10日 アキノウナギツカミ

アキノウナギツカミ、ホソバリンドウが咲き出しました。
ヤマラッキヨウの蕾が色づいてきました。
ウメバチソウも遠くの方で咲いているのが見えます。

秋の観察週間は24日~30日 10時~11時半です。

アキノウナギツカミ(茎がざらつく)
ホソバリンドウ(秋の日差しを浴びて咲いている)


カテゴリー
02 その他の植物

2019年10月6日 サクラタデ

サクラタデがきれいです。例年より花数が多いようです。
シロバナサクラタデ、アキノウナギツカミ、ナガバノウナギツカミも咲きだしました。

サクラタデ(優しいピンクの花)
シロバナサクラタデ(穂がなびく)
ナガバノウナギツカミ(濃いピンクの花)
アキノウナギツカミ(葉は茎を抱く)
カテゴリー
01 食虫植物 02 その他の植物

2018年10月18日 晩秋の植物

そろそろ、晩秋の植物の登場です。
ホソバリンドウ、アキノウナギツカミは見頃です。
ヤマラッキョウ、ウメバチソウは蕾が大きくなっています。遠くの方では開花している株も見られます。
コモウセンゴケはきれいな赤色をしています。
シロバナナガバノイシモチソウは今頃の季節は先端部分だけが元気です。
見学は土日のみですが平日に見学を希望される方は山武市歴史民俗資料館の文化財担当(電話 0475-53-3023)に日時を申し込んでください。

ホソバリンドウ(晴れていないと開かない)

アキノウナギツカミ(葉は茎を抱く)

ヤマラッキョウ(もう少しで開花します)

ウメバチソウ(白くて大きな花が咲きます)

コモウセンゴケ(もうしばらく見ることが出来ます)

シロバナナガバノイシモチソウ(そろそろ終わり)

カテゴリー
01 食虫植物 02 その他の植物

2011年10月22日 晩秋の群落

待ちかねていたヤマラッキョウ、ウメバチソウ、ホソバリンドウが咲き出しました。
明日は秋の観察会、晴れて皆様に秋の花を堪能してほしいと願っています。
一足早く、秋の花々を公開します。

写真をクリックすると拡大します。

ヤマラッキョウ(花数が増えるのが待ち遠しい)

ウメバチソウ(丸い蕾がいっぱい)

ホソバリンドウ(晴れると開花)

アキノウナギツカミ(葉は茎を抱く)

ナガバノウナギツカミ(花柄に腺毛がある)

アキノキリンソウ(舌状花がまばらな感じにつく)

アキノノゲシ(大きくて立派)

ゲンノショウコ(繊細な色使い)

カントウヨメナ(花も大きく野菊の代表格)

コバノカモメヅルの袋果(熟すと綿毛がついた種子が飛び出す)

タカトウダイの紅葉(赤が際立つ)

ナガバノイシモチソウ(しっかり虫をつけている)

コモウセンゴケ(一番遅くまで見られる食虫植物)

コモウセンゴケ(小さな虫が捕まっている)