カテゴリー
03 守る会の行事 04 群落の風景

2017年1月29日 野焼き

午後から野焼きを行いました。12月から観察路周辺・管理棟周辺や燃えてほしくない場所の草刈り等を行い、今日に備えました。午前中は観察路の水かけをしたり、刈ってあった草を散らし燃えやすくするなど忙しく作業をしました。風も無く、大変よく燃え、群落一面、真っ黒です。ただ、火の勢いが弱かったので地表面が熱の影響を受けなかったか少し心配です。特に心配なのは根生葉が出ているハルリンドウですね。
野焼きは貧栄養状態を保つために行います。枯草を放置すると堆肥になり、土壌が富栄養化します。特に食虫植物は貧栄養状態の場所を好む植物です。また、大型の植物が生えると生育する場所を奪われてしまいます。野焼きは大事な作業です。
3月末からミツバツチグリなどが咲き出します。春になったらお出かけください。

野焼き-1
野焼き-2
カテゴリー
03 守る会の行事 04 群落の風景

2016年7月24日 夏の観察会

少し、曇り空で観察会日和。少し遅れてきたボーイスカウトの親子も大勢で群落は賑やかでした。
日本で約20種の食虫植物のうち、8種が見られるこの群落はとても貴重な場所です。
今日は8種全部を確認できました。モウセンゴケは花は終わり、種子が残るのみですがイシモチソウは花が咲いている株もありました。
食虫植物はモウセンゴケ、コモウセンゴケ、イシモチソウ、ナガバノイシモチソウ、ミミカキグサ、ホザキノミミカキグサ、ムラサキミミカキグサの白花、イヌタヌキモ。その他ではコオニユリが満開、イヌゴマ、オミナエシ、アリノトウグサ、ヒメナミキ、オトギリソウ、カワラナデシコ、コシンジュガヤ、ヌマトラノオ、タカトウダイ、トダシバ、ヒナノカンザシ、コキンバイザサ、オニユリ、カモノハシ、ヒメナエ、ヤマサギソウ、オオイヌノハナヒゲなど。
秋の観察会は10月23日(日)ヤマラッキョウ、ウメバチソウ、ホソバリンドウなどが見られる頃です。

夏の観察会-1
夏の観察会-1
夏の観察会ー2
夏の観察会ー2
夏の観察会ー3
夏の観察会ー3
カテゴリー
02 その他の植物 04 群落の風景

2016年6月8日 ノハナショウブ

ノハナショウブの花数が毎日、増えています。でも、まだたくさんの蕾があるので安心してください。
6月中旬まではいい状態の花を楽しめることでしょう。
クサイの花は朝早く見るととてもきれいです。

ノハナショウブ(外花被片の基部の黄色が特徴)
ノハナショウブ(外花被片の基部の黄色が特徴)
ノハナショウブ(駐車場から歩いてくると目に飛び込んでくる)
ノハナショウブ(駐車場から歩いてくると目に飛び込んでくる)
クサイ(朝早く咲く花)
クサイ(朝早く咲く花)
カテゴリー
02 その他の植物 03 守る会の行事 04 群落の風景

2016年5月15日 春の観察会

今日は春の観察会でした。トキソウ、ニガナの大群落を皆様に見ていただく事が出来、会員一同ほっとしています。
イシモチソウやコモウセンゴケの花も多数咲きました。ナガバノイシモチソウの芽生えに皆様、興味を示して下さいました。
ノアザミ、コキンバイザサがきれいでした。
夏の観察会は7月24日10時からです(受付は9時半から)

春の観察会-1
春の観察会-1
春の観察会-2
春の観察会-2
トキソウの大群落
トキソウの大群落
カテゴリー
02 その他の植物 04 群落の風景

2016年5月3日 ノアザミ

連休はいかがお過ごしですか?
群落はノアザミがとってもきれいです。
イシモチソウ、トキソウ、コキンバイザサも咲き出しました。
群落を渡る風はとてもさわやかです。お出かけになりませんか?

ノアザミ(鮮やかなピンクはよく目立つ)
ノアザミ(鮮やかなピンクはよく目立つ)
群落風景
群落風景