カテゴリー
01 食虫植物

2006年6月1日 イシモチソウが満開

6月になりました。イシモチソウは今、満開です。
開花は午前中です。コモウセンゴケも地面を赤く染め始めました。
トキソウは少しだけ咲き残っています。

イシモチソウの花です。 時々ガガンボが捕まっており、肉眼でもはっきりわかりますイシモチソウの間に赤く見えるのはコモウセンゴケです

カテゴリー
01 食虫植物

2006年5月5日 イシモチソウ vs イトトンボ

イトトンボがイシモチソウに捕まってしまいました。動画もありますのでご覧下さい。

イシモチソウにイトトンボがっ!イシモチソウとイトトンボイシモチソウとイトトンボ

動画ファイル  (Windows Media Player 5.42MB)

カテゴリー
01 食虫植物

2006年5月4日 イシモチソウ

今年もハンターたちが目覚め始めました!

イシモチソウイシモチソウ

カテゴリー
01 食虫植物 04 群落の風景

2005年12月9日 冬枯れの群落

群落は一面冬枯れです。そんな中でコモウセンゴケが枯れ葉の間に赤く見えています。
ミツバツチグリの草紅葉も木道脇できれいです。

カルガモが池から飛び立ちました。ちょっとあわてる様子にカメラを向けました。

冬枯れの群落 日差しがやわらかいコモウセンゴケミツバツチグリ池から飛び立つカルガモ

周辺の畑にはねぎや小松菜などの野菜が青々としています。いちご園も開店し始めました。
ホトケノザやオオイヌノフグリも田畑の縁に見られます。
しかし、群落は一面冬枯れです。これが自然の姿だと主張しているようです。

カテゴリー
01 食虫植物

2005年10月21日 タヌキモの殖芽

タヌキモが水槽の中で殖芽をつけ始めました。図鑑によると殖芽を形成して冬越しをすると
ありますが水槽で越冬させたことがありません。試してみる価値があると思います。

タヌキモの殖芽 実物はもう少し小さい 透明にみえるのは捕虫嚢タヌキモの殖芽 かなり拡大されている 実際は黒いものが見えるなと思う位の大きさ