カテゴリー
01 食虫植物 02 その他の植物

2019年5月5日 ノアザミ

ノアザミが咲き出しました。
目も覚めるような鮮やかなピンク色の花です。
イシモチソウは盛んに捕虫をしています。
ゴウソはたくさんの実を付けています。
トキソウは1週間後が満開でしょう。

ノアザミとウマノアシガタ
ノアザミ(盛んに花粉を出している)
イシモチソウの捕虫ー1
イシモチソウの捕虫ー2
ゴウソ(かさかさした実をたくさんつけている)
カテゴリー
01 食虫植物

2019年5月 5日 イヌタヌキモ

水槽の中のイヌタヌキモの捕虫が見られます。
水槽の清掃を行い、池の水を入れたところ、イヌタヌキモは活発に捕虫を始めました。
小さな生き物が吸い込まれています。

イヌタヌキモ
イヌタヌキモ(小さな生き物が吸い込まれています。足が見える)
カテゴリー
01 食虫植物 02 その他の植物

2019年4月28日 イシモチソウ

連休が始まりました。どこも込み合っていることでしょうね。
こちらの群落では一面がウマノアシガタで黄色の絨毯になっています。
ハルリンドウはとてもきれいな青紫色で咲き、とてもよいアクセントになっています。
イシモチソウは小さいながらあちこちで捕虫しているのが見られます。
ゴウソは花と果実の両方が見られます。
成東・東金食虫植物群落を守る会では連休中、ボランティアで案内活動をしています。
のんびりと春の植物を観察しませんか?

イシモチソウの捕虫ー1
イシモチソウの捕虫ー2
ゴウソ(果穂が下がっています)
ゴウソ(花が咲いています)
カテゴリー
01 食虫植物 02 その他の植物

2018年10月18日 晩秋の植物

そろそろ、晩秋の植物の登場です。
ホソバリンドウ、アキノウナギツカミは見頃です。
ヤマラッキョウ、ウメバチソウは蕾が大きくなっています。遠くの方では開花している株も見られます。
コモウセンゴケはきれいな赤色をしています。
シロバナナガバノイシモチソウは今頃の季節は先端部分だけが元気です。
見学は土日のみですが平日に見学を希望される方は山武市歴史民俗資料館の文化財担当(電話 0475-53-3023)に日時を申し込んでください。

ホソバリンドウ(晴れていないと開かない)
アキノウナギツカミ(葉は茎を抱く)
ヤマラッキョウ(もう少しで開花します)
ウメバチソウ(白くて大きな花が咲きます)
コモウセンゴケ(もうしばらく見ることが出来ます)
シロバナナガバノイシモチソウ(そろそろ終わり)
カテゴリー
01 食虫植物

2018年9月5日 観察が出来る日時について

8月までは毎日、観察が出来ましたが
9、10月は土日、祝日の10時~15時のみ、管理棟、観察路の解放になります。
その他の日に観察希望の場合は山武市歴史民俗資料館にお申込みをお願いいたします。

山武市歴史民俗資料館 電話 0475-53-3023

タヌキマメー1
タヌキマメー2