2018年10月18日 晩秋の植物


そろそろ、晩秋の植物の登場です。
ホソバリンドウ、アキノウナギツカミは見頃です。
ヤマラッキョウ、ウメバチソウは蕾が大きくなっています。遠くの方では開花している株も見られます。
コモウセンゴケはきれいな赤色をしています。
シロバナナガバノイシモチソウは今頃の季節は先端部分だけが元気です。
見学は土日のみですが平日に見学を希望される方は山武市歴史民俗資料館の文化財担当(電話 0475-53-3023)に日時を申し込んでください。

ホソバリンドウ(晴れていないと開かない)

アキノウナギツカミ(葉は茎を抱く)

ヤマラッキョウ(もう少しで開花します)

ウメバチソウ(白くて大きな花が咲きます)

コモウセンゴケ(もうしばらく見ることが出来ます)

シロバナナガバノイシモチソウ(そろそろ終わり)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。