2018年5月13日 春の観察会


天気に恵まれ、多くの参加者と守る会の会員は共に和気あいあいと春の植物を楽しみました。

初めての方はたくさんのトキソウの群落に驚きの声を上げていました。
イシモチソウは3、4日咲かない日が続きましたが日を合わせたかのようにたくさん咲き、
捕虫もあちこちで見ることが出来ました。ガガンボやケバエが捕まって動いていました。
コモウセンゴケもピンクの花が咲きました。
シロバナナガバノイシモチソウはたくさんの芽生えが見られました。
他に観察できたのはノアザミ、ハイニガナ、コキンバイザサ、ミヤコグサ、ウマノアシガタ、ドクダミ、カナビキソウ、ゴウソ、イチゴツナギ、ショウブ、ナワシロイチゴ、カニツリグサ、トボシガラなど。

イシモチソウ(たくさんの花が咲きました)

イシモチソウ(ガガンボが捕まっています)

トキソウ(群落になっています)

春の観察会-1

春の観察会ー2

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。