カテゴリー
03 守る会の行事 04 群落の風景

2016年7月24日 夏の観察会

少し、曇り空で観察会日和。少し遅れてきたボーイスカウトの親子も大勢で群落は賑やかでした。
日本で約20種の食虫植物のうち、8種が見られるこの群落はとても貴重な場所です。
今日は8種全部を確認できました。モウセンゴケは花は終わり、種子が残るのみですがイシモチソウは花が咲いている株もありました。
食虫植物はモウセンゴケ、コモウセンゴケ、イシモチソウ、ナガバノイシモチソウ、ミミカキグサ、ホザキノミミカキグサ、ムラサキミミカキグサの白花、イヌタヌキモ。その他ではコオニユリが満開、イヌゴマ、オミナエシ、アリノトウグサ、ヒメナミキ、オトギリソウ、カワラナデシコ、コシンジュガヤ、ヌマトラノオ、タカトウダイ、トダシバ、ヒナノカンザシ、コキンバイザサ、オニユリ、カモノハシ、ヒメナエ、ヤマサギソウ、オオイヌノハナヒゲなど。
秋の観察会は10月23日(日)ヤマラッキョウ、ウメバチソウ、ホソバリンドウなどが見られる頃です。

夏の観察会-1
夏の観察会-1
夏の観察会ー2
夏の観察会ー2
夏の観察会ー3
夏の観察会ー3
カテゴリー
02 その他の植物 03 守る会の行事

2016年7月21日 アリノトウグサ

アリノトウグサの雄花が咲き始めました。小さな花ですがルーペ片手に覗いて見てください。
夏の観察会は今度の日曜日(7月24日)10時~11時半(小雨決行)
受付は管理棟前9時半からです。満開のコオニユリが歓迎してくれます。
チラシはこちらをクリックしてください。   観察会。親子教室(平成28年度)

アリノトウグサ(雄性期)
アリノトウグサ(雄性期)
コシンジュガヤ(小さな実が真珠のよう)
コシンジュガヤ(小さな実が真珠のよう)
イヌゴマ(ゴマの花に似る)
イヌゴマ(ゴマの花に似る)
カテゴリー
02 その他の植物

2016年7月6日 コオニユリ

コオニユリが咲き出しました。
鮮やかな朱色の花は夏の青空にぴったり。
その他ではヒメヤブラン、イヌゴマ、ヤマアワ、チゴザサ、カモノハシなどが見られます。
コシンジュガヤは小さな果実をつけています。
小さな実の付き方はまるで私たちの若かりし頃の真珠の指輪のようです。

コオニユリ(夏空に似合う)
コオニユリ(夏空に似合う)
コシンジュガヤ(実には格子紋がある)
コシンジュガヤ(実には格子紋がある)