カテゴリー
02 その他の植物

2014年10月31日 ウメバチソウ

今年のウメバチソウは数も多く、見ごたえがあります。
とても清楚でチガヤやタカトウダイの草紅葉に負けていません。
今が一番の見頃です。3連休、是非お出かけください。

ウメバチソウ(見頃です)
ウメバチソウ(見頃です)
テリハノイバラ(葉は厚みがあり、光沢がある)
テリハノイバラ(葉は厚みがあり、光沢がある)
カテゴリー
03 守る会の行事

2014年10月26日 秋の観察会

秋の観察会は無事、終了いたしました。
ヤマラッキョウ、ホソバリンドウ、ウメバチソウはちょうど見頃でした。
これらの花々は11月上旬まで楽しめるでしょう。
秋の花々に加えてコオニユリやコバギボウシ、ノハナショウブの蒴果なども観察しました。

観察会-1
観察会-1
観察会ー2
観察会ー2
観察会ー3
観察会ー3
カテゴリー
05 寄り道案内

2014年10月26日 ノラアズキ(雑草のアズキ)

この記事に対し訂正をいたします(2015年1月7日)
ヤブツルアズキだと思っていたものがノラアズキ(雑草のアズキ)と判明しました。
「植物の世界(朝日新聞社)」によるとノラアズキはヤブツルアズキとアズキの中間的な特徴を持つと記載されています。
種子が野生種よりやや大きくと記載され、このことからノラアズキに訂正することにしました。
ちなみにヤブツルアズキはアズキの原種でつる性、平凡社や山と渓谷社の図鑑ではノラアズキの記載がないのでヤブツルアズキであると思い込んでいました。

 

群落の近くでノラアズキの豆果が熟してきました。
アズキはツル性ではありませんがその他はそっくり。
豆の大きさもアズキに引けを取りません。
今度、お赤飯にして食べてみようと思います。味についてはまた報告しますね。
ダイズの原種はツルマメ。こちらは豆の大きさにかなり差があります。

ノラアズキの豆果
ノラアズキの豆果
ノラアズキ(むいてみました)
ノラアズキ(むいてみました)
ノラアズキの花(9月中旬)
ノラアズキの花(9月中旬)
カテゴリー
02 その他の植物 04 群落の風景

2014年10月26日 ヤマラッキヨウ

ヤマラッキョウ、ホソバリンドウ、ウメバチソウが見頃です。
場所によってはヤマラッキョウが一面に見えます。
11月上旬まで楽しめるでしょう。

ヤマラッキョウとホソバリンドウ
ヤマラッキョウとホソバリンドウ
ヤマラッキョウ(見事な咲きっぷり)
ヤマラッキョウ(見事な咲きっぷり)
ヤマラッキョウ(後方のピンクもヤマラッキョウ)
ヤマラッキョウ(後方のピンクもヤマラッキョウ)
カテゴリー
02 その他の植物

2014年10月24日 ウメバチソウ

ヤマラッキョウ、ウメバチソウ、ホソバリンドウが競い合って咲いています。
タカトウダイの紅葉も負けてはいません。

秋の観察会は10月26日(日)10時~11時半(小雨決行、無料)
受付は管理棟前、9時半です。
秋の植物を楽しみにお出かけください。
私たち「成東・東金食虫植物群落を守る会」の会員と一緒に秋の植物を観察しましょう。

ウメバチソウ(きれいですよ)
ウメバチソウ(きれいですよ)
サクラタデ(上品な色合い)
サクラタデ(上品な色合い)
コバギボウシ(実も楽しんで)
コバギボウシ(実も楽しんで)