2014年8月9日 アリノトウグサ


アリノトウグサは遠目に見るとただの粒々がついているようにしか見えません。
アップで見ると雄しべが下がっているのが見えます。今が雄性期です。このあと雌性期になります。
カモノハシは最初が雌性期、そして雄性期になります。
ワレモコウは表面にたくさんの花がついています。上から咲き、下の方は蕾です。
オミナエシの蕾は米粒のような形です。
細かく観察するといろいろなことがわかります。

アリノトウグサ(雄性期で雄しべが下がっています)

アリノトウグサ(雄性期で雄しべが下がっています)

カモノハシ(雌性期の終わりかけ)

カモノハシ(雌性期の終わりかけ)

カモノハシ(雌性期 柱頭は白色と赤紫色の2色がある)

カモノハシ(雌性期 柱頭は白色と赤紫色の2色がある)

ワレモコウ(上から咲き始めたところ)

ワレモコウ(上から咲き始めたところ)

オミナエシ(粒々の蕾が付いている)

オミナエシ(粒々の蕾が付いている)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。