カテゴリー
03 守る会の行事 04 群落の風景

2012年5月27日 春の観察会

今日は天気にも恵まれ、大勢の方々を迎えて春の観察会を行いました。
初夏の1日を楽しんでいただけたでしょうか?
トキソウは盛りを過ぎていますが近くで花を見ていただけました。
イシモチソウは今日は機嫌が悪いのか開花しませんでした。昨日はたくさん咲いていたのに残念です。
観察会の後でツリガネニンジンの葉の付き方と枚数(2~6枚)、タデ科ギシギシ属(スイバ、ギシギシ、ナガバギシギシ、アレチギシギシ)、
イネ科植物の勉強会をしました。
今日見られた植物は食虫植物ーイシモチソウ、モウセンゴケ、コモウセンゴケ、ナガバノイシモチソウの芽出し。
その他の植物ートキソウ、コキンバイザサ、ノアザミ、ニガナ、カナビキソウ、ゴウソ、ヒライ、ミヤコグサ、ドクダミなど。
イネ科植物ーイチゴツナギ、クサヨシ、ヤマヌカボ、ヒエガエリ、ヒロハウシノケグサ、カニツリグサ、アオカモジグサ、カモジグサ、ネズミホソムギ、ヒメコバンソウ、ヒメヌカススキ、ナギナタガヤ、チガヤ、トボシガラ、シバ、イヌムギなど。

観察会ー1
観察会ー2
観察会ー3
観察会ー4
カテゴリー
01 食虫植物 02 その他の植物

2012年5月25日 イシモチソウとトキソウ

イシモチソウはたくさんの花が午前中に咲き見事です。トキソウの花もきれいです。
イネ科の植物もいろいろ観察できます。
27日は10時から観察会を開催します。お天気も大丈夫のようです。是非、参加してください。
9時半から管理棟前で受け付けをします。参加費は無料です。

イシモチソウ(花は午前中)
トキソウとイシモチソウ
ヒロハウシノケグサ(イネ科)
カテゴリー
03 守る会の行事

2012年5月19日 セイタカアワダチソウの抜き取り作業

午後から愛土会の方々と一緒にセイタカアワダチソウの抜き取り作業を行いました。
暑くてなかなかの重労働でした。
セイタカアワダチソウは帰化植物なので群落内に蔓延らないように抜き取りをします。
この他にも群落保護のために大型植物の刈り取りやススキ株の掘り取り、野焼きなどを行っています。

セイタカアワダチソウの抜き取り作業ー1

セイタカアワダチソウの抜き取り作業ー2

セイタカアワダチソウの抜き取り作業ー3
カテゴリー
01 食虫植物 02 その他の植物

2012年5月15日 ハルリンドウの種子散布

ハルリンドウは雨が近づくと雨によって種子を散布する準備をします。
種子の散布方法を雨滴散と言います。
天気予報でいくら雨と言っていてもハルリンドウが種子を散布する準備をしていなければ雨は降りません。
今日の午前中はたくさんの株でその様子が見られました。
あと、10日もすると芽が出てきます。そして1年後の来春花を咲かせます。
蕾のように見えますが咲き終わっています。
午後行ってみるともう種子ははじき出されて空になっていました。 

ハルリンドウ(白く見えるところが開いている)
ハルリンドウ(種子が見える)
カテゴリー
04 群落の風景

2012年5月6日 カルガモのつがい

最近、カルガモのつがいが人を恐れずに群落にいます。
今日も作業しているすぐそばまで来ていました。
2枚目の写真では3m位しか離れていないのではないかと思います。
作業しているのは私ですがそばに来ているのは気づきませんでした。

トキソウとコキンバイザサが咲き出しました。

カルガモ(柵の所で作業中です)
カルガモ(子ガモを連れて歩く姿を見たいものです)