2011年11月14日 タイの洪水の影響


タイの洪水の影響で修理に出していたパソソコンが40日以上かかって戻ってきました。
部品の在庫がないということでした。
東日本大震災の時も部品メーカーが東北に多く、いろいろな業種で製造ストップになりました。
今回、タイにも多くの業種の工場があるということを初めて知りました。
戻ってきたパソコンはハードディスクに傷があったということで交換されたので全部初期状態。
いろいろソフトウェアのインストールをしていると不具合も出てPhoto shopは買い替えました。

群落では11月も半ばになり、紹介するものが少なくなりました。
メドハギには2種類の豆果が見られます。
普通の花が結実した豆果の方が閉鎖花から出来た豆果より萼片が長い傾向があるそうです。

写真をクリックすると拡大になります。

ヤマラッキョウ(少し淡い色合いの花)

ヤマラッキョウ(遠目にはまだまだきれい)

ヤマラッキョウ(ナガカメムシの仲間?)

ツリガネニンジン(一度切られて咲いた花)

コセンダングサのそう果(服などについて運ばれる)

メドハギ(閉鎖花から出来た豆果が多い)

オオバコ(果実は熟すと横に割れ、上半分が取れる)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。