2011年10月2日 ススキとオギ

群落はススキとオギが満開です。
ススキはたくさん生えると食虫植物の生育場所を奪うので11月の下旬に掘り取りをしますが全部掘り取れる訳ではないので毎年、群落になるオミナエシと共にススキを見ることになります。オギは再指定地に多く生育しています。こちらも10月中にセイタカアワダチソウと共に刈り取られる運命です。
ススキには株立ちになるがオギは1本ずつ立つ。ススキの芒(ノギ)は長くて目立つ。オギには芒(ノギ)がなく銀白色でやさしい感じです。

群落のわきを「ぐるっと山武50kmウォーク」参加者が通りました。この辺が半分を少し超えた位でしょうか。

ススキ(秋を感じる)
ススキ(黄褐色の葯と白い柱頭)
ススキ(暗赤色の柱頭)
オギ(風に揺れる)
オギ(暗赤色の葯と柱頭)
50kmウォーク(群落管理棟が見える)
50kmウォーク(後半分 がんばれ!)
50kmウォーク(のぼりの前でポーズ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。