カテゴリー
02 その他の植物

2010年8月30日 ツリガネニンジン

ツリガネニンジンは変化の多い植物です。葉の付きかた、花の色や形もそれぞれ違います。
白花もきれいだなあと思って遠くから眺めていたのですがしみじみと眺めたら花冠から飛び出している花柱の色のきれいなこと。
「早く気がついてあげなくてごめんなさい」という気持ちで写真を撮りました。写真をクリックすると拡大します。

ツリガネニンジン(この花は少し細身ですね)
ツリガネニンジン(突き出した花柱が紫色できれい)
タヌキマメ(群落一番の人気者)
カテゴリー
01 食虫植物 04 群落の風景

2010年8月24日 捕虫

群落は7月、8月と全然雨が降らず、からからの状態です。
昨日は久しぶりに入道雲が出たので大きくなって雨が降ってくれないかと期待したのですが降りませんでした。
農家の人たちは今、強い雨が降ると稲が倒れて困るのですが・・・。
まわりの田では稲刈りが始まっています。
捕虫の写真をお届けします。食虫植物のナガバノイシモチソウの捕虫と、ナガコガネグモが大きなバッタを捕まえている写真です。

ナガバノイシモチソウ(まだ捕まったばかり)
ナガコガネグモ(大きな獲物ですね)
稲刈り(あっという間に終わってしまいます)
カテゴリー
01 食虫植物 02 その他の植物

2010年8月21日 タヌキマメ

タヌキマメが咲き出しました。なんとも愛嬌があって好きな花です。
咲くのは午後になってからです。
ナガバノイシモチソウにはたくさんの虫が捕まっています。
ノアズキは渦巻き状の花をつけています。
暑い時ですが観察出来る植物数の多いときです。

タヌキマメ(正面から)
タヌキマメ(ちょっと横から)
コバギボウシ(紫の花は群落の清涼剤)
ナガバノイシモチソウ(虫を捕らえている)
ノアズキ(花の形がおもしろい)
カテゴリー
02 その他の植物

2010年8月19日 コバギボウシ

お盆が過ぎたというのに暑い夏ですね。群落では夏休みの自由研究にと訪れる親子連れが目立つようになりました。暑い時期ですが食虫植物ではナガバノイシモチソウ、コモウセンゴケ、ミミカキグサ、ホザキノミミカキグサなどが観察出来ます。その他ではオミナエシ、コバギボウシ、ツリガネニンジン、オトギリソウ、ヒメシロネ、ヒメナエ、ミズオトギリ、タヌキマメなどたくさんの植物が見られます。群落を渡る風はいくぶん涼しくなりました。

いま観察できる植物 (クリックしてください)

コバギボウシ(涼しそうな花色です)
カテゴリー
03 守る会の行事

2010年8月8日 夏の観察会

夏の観察会は無事に終了しました。
参加者は40名以上あり、守る会の会員を合わせると60名を越す人数になりました。
今回は千葉県中央博物館、NPO法人が行うフィールドミュージアム事業がこの観察会をプログラムの一部に加えてくれた結果です。
初めての方も多かったようです。興味を持ってこの群落の大切さがわかっていただければ幸いです。
小学生の参加者には夏休みの自由研究の材料になるといいですね。
10月24日に秋の観察会を行います。
ウメバチソウ、ヤマラッキョウ、ホソバリンドウ、タカトウダイの紅葉などが見られる頃です。
是非、次回も参加してください。

夏の観察会(この辺りはミミカキグサの観察かな?)
夏の観察会(ナガバノイシモチソウを観察)
夏の観察会(コバギボウシが涼しげな色です)