2010年10月11日 アキノウナギツカミ

現在、群落で目立つのはワレモコウとサワヒヨドリです。アキノウナギツカミが咲き出しました。
もう少しするとヤマラッキョウ、ウメバチソウ、ホソバリンドウ、タカトウダイの紅葉が見られるようになります。待ち遠しい今日この頃です。10月24日に10時から秋の観察会を行います。10時までに管理棟前にお越しください。成東・東金食虫植物群落を守る会の会員がご案内いたします。群落の秋を楽しみましょう。

アキノウナギツカミ(葉は黄緑色で茎を抱く)
サクラタデ(雄しべが目立つ雄花)
ヒメジソ(小さな花がまばらにつく)
ヤマラッキョウ(咲くのが待ち遠しい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。