2010年9月13日 マメ科植物


今日は群落でこの時期に見られるマメ科植物を紹介します。
よく見るとそれぞれ個性がありますね。

カワラケツメイ(蝶形にならない 直径約7mm)

クズ(総状につく 長さ約2cm)

メドハギ(中心部が赤紫色 長さ6~7mm)

ハイメドハギ(紫色を帯びる 長さ約7mm)

ノアズキ(中央の竜骨弁がくるりとねじれている 約2cm)

タヌキマメ(午後に開花 長さ約1cm)

ツルマメ(葉の付け根に数個ずつ咲く 長さ5~8mm)

ヤハズソウ(葉の影になり花が目立たない 長さ約5mm)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。