【寄り道】初夏の白子町中里海岸


今日は海の植物を紹介します。成東は九十九里平野のほぼ中心にあり、そこから少し南下した所に白子町中里海岸があります。今の季節はハマが付く植物が多く観察できます。ハマエンドウ、ハマハタザオ、ハマボウフウ、ハマニガナ、ハマヒルガオ、ハマニンニクなど。シロバナマンテマ、コウボウムギなども見られます。

ハマエンドウ(大きな花が目立つ)

ハマニガナ(茎は砂に埋もれている)

ハマニンニク(長い穂が風に揺れている)

コウボウムギの雌株(たくましい姿をしている)

ハマヒルガオ(まだ花数が少ない 海をバックに)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。