カテゴリー
02 その他の植物

2009年11月3日 こんなに違うオギとススキ

群落は例年より早くもうすぐ冬ごもりです。ヤマラッキョウはほとんど咲き終わりです。
ウメバチソウ、ホソバリンドウも蕾が少なくなっています。
ウメバチソウは花びらが落ちても優雅な姿をしています。
今日は目の前の休耕地に生えるオギとススキの小穂をじっくり比べてみました。
比較する時の一番のポイントは芒があるかということですがススキの芒は今の時期は落ちてほとんどありません。
毛の長さはオギのほうがはるかに長く、遠くから見るとやわらかく銀色にゆれています。
株立ちになるのがススキ、オギは1本ずつ立っています。オギの方が湿地を好みます。
群落のそばのオギとススキは休耕地を半分に分けるように生えていて株立ちと1本ずつの生え方がよくわかります。
生え方を見て穂を見ると銀色にゆれているのがオギと一目でわかります。夕日があたりきれいでした。

ウメバチソウ01(そろそろ終わりです)
ウメバチソウ01(そろそろ終わりです)
ウメバチソウ02(花びらは落ちていますが仮おしべがきれい)
ウメバチソウ02(花びらは落ちていますが仮おしべがきれい)
オギ(白い毛が長い)
オギ(白い毛が長い)
ススキ(芒はほとんど落ちている)
ススキ(芒はほとんど落ちている)
オギとススキ(左がオギ、右がススキ)
オギとススキ(左がオギ、右がススキ)
カテゴリー
02 その他の植物

2009年10月31日 ヤマラッキョウは終盤

あっと言う間に10月も最後の日です。ヤマラッキヨウは種子が出来始めてそろそろ終わりです。
咲き始めも早かったのですが例年より咲いている期間が短かったように感じます。
イヌセンブリも終わってしまいました。ウメバチソウは今を盛りに咲いています。

ヤマラッキョウ01(種子が出来始めている)
ヤマラッキョウ01(種子が出来始めている)
ヤマラッキョウ02(遠目には紫色に染まりきれい)
ヤマラッキョウ02(遠目には紫色に染まりきれい)
タカトウダイの紅葉(赤色もいろいろ)
タカトウダイの紅葉(赤色もいろいろ)
カテゴリー
02 その他の植物

2009年10月27日 ヤマラッキョウが見頃

10月に2度の台風は困りものですね。
強風で飛ばされないように外していたカードを付け、ヤマラッキョウの写真を撮りました。
管理棟の後ろは一面紫色に染まっています。ちょうど見頃です。
ウメバチソウやホソバリンドウもきれいです。

ヤマラッキョウ01(満開です)
ヤマラッキョウ01(満開です)
ヤマラッキョウ02(白花は雄しべの葯が黄色です)
ヤマラッキョウ02(白花は雄しべの葯が黄色です)
ヤマラッキョウ03(一面みごとに紫色です)
ヤマラッキョウ03(一面みごとに紫色です)
カテゴリー
03 守る会の行事

2009年10月25日 秋の観察会

あまり天気は良くなかったのですが無事に秋の観察会は終わりました。
残念だったのは観察会の行われた午前中はリンドウ、ホソバリンドウが晴れていないので開花しなかったことです。
八王子からも参加者があり、その方々はお昼過ぎに開花を見て帰る事が出来て良かったです。
もうしばらく、晩秋の群落を楽しむことが出来ます。土日、祭日は守る会の会員がいますので声をかけてください。

観察会01
観察会01
観察会02
観察会02
観察会03
観察会03
観察会04
観察会04
カテゴリー
02 その他の植物

2009年10月24日 美の競演

明日は観察会の予定です。植物の開花状況を見に群落に来ました。
今年はイヌセンブリが小さくて「いま観察できる植物」に載せられないなあと思っていたのですが
小さいけれど次々と咲きそうなので加えることにしました。
イヌセンブリとウメバチソウの繊細な花を楽しんでください。
ワレモコウは小さな花が集まっています。

イヌセンブリ(紫色のすじも美しさを際立たせています)
イヌセンブリ(紫色のすじも美しさを際立たせています)
ウメバチソウ(白さが際立つ繊細な作りですね)
ウメバチソウ(白さが際立つ繊細な作りですね)
ワレモコウ(上から花が咲き、下はまだ蕾です)
ワレモコウ(上から花が咲き、下はまだ蕾です)