カテゴリー
01 食虫植物 04 群落の風景

2009年6月24日 可愛い見学者

朝9時、雨の中を可愛い見学者が来ました。山武市内松尾小学校3年生41名です。管理棟内でお話を聞いた後、かさをさして木道を歩いて見学をしました。かさをさしていると説明も聞こえにくいのですが可愛いかさの行列です。見学の後では「一番大きな食虫植物は何ですか?」「珍しい食虫植物は?」「食虫植物の数は?」などの質問が出ました。
晴れた日にまた、来て下さいね。

松尾小3年生(可愛いかさの行列)
松尾小3年生(可愛いかさの行列)

モウセンゴケの花は直径1cmに満たない小さな花です。蕾は渦巻状についています。

モウセンゴケ(渦巻き状に蕾がつき、下から順番に花が咲きます)
モウセンゴケ(渦巻き状に蕾がつき、下から順番に花が咲きます)
モウセンゴケの花(透き通るような白い花です)
モウセンゴケの花(透き通るような白い花です)
カテゴリー
02 その他の植物

2009年6月13日 ノハナショウブ

ノハナショウブが見頃です。チゴザサも小さな花を精一杯咲かせています。
モウセンゴケも咲き出しました。
今日はなぜかイシモチソウもコモウセンゴケも花が咲きませんでした。
時々、咲かない日がありますがどうしてなのでしょうね。
質問されても返事に困りますね。

ノハナショウブ(手前の白い穂はチガヤです)
ノハナショウブ(手前の白い穂はチガヤです)
チゴザサ(小さな花です)
チゴザサ(小さな花です)
チゴザサ(よく見るとこんな花です)
チゴザサ(よく見るとこんな花です)
カテゴリー
02 その他の植物 04 群落の風景

2009年6月10日 オオチドメとノチドメ

チドメグサの仲間はたくさんあるのですがオオチドメとノチドメを紹介します。
セリ科の植物です。大きな違いは花の咲く位置でオオチドメは葉より上に、ノチドメは葉より下に花が付きます。
葉の形もオオチドメの方が丸く、ノチドメには深い切れ込みがあります。
管理棟前から続く農道の両脇に生育しています。オオチドメの方がたくさん見つかると思います。

写真はクリックすると拡大します。

オオチドメ(葉より上に花が咲きます)
オオチドメ(葉より上に花が咲きます)
オオチドメの花(小さな淡緑白色の花が10数個集まってつく)
オオチドメの花(小さな淡緑白色の花が10数個集まってつく)
ノチドメ(葉より下に花が咲きます)
ノチドメ(葉より下に花が咲きます)
ノチドメ(緑色を帯びる小さな花が集まってつく)
ノチドメ(緑色を帯びる小さな花が集まってつく)
カテゴリー
01 食虫植物 02 その他の植物

2009年6月10日 ナガバノイシモチソウ

管理棟前の木道ではよく目を凝らしてみるとナガバノイシモチソウやミミカキグサが見られます。まだまだ植物カードは付けられる大きさではありません。この間まで咲いていたハルリンドウも芽が出ています。

ナガバノイシモチソウ(大きさは1~4cm位です)
ナガバノイシモチソウ(大きさは1~4cm位です)
ハルリンドウ(大きさは1~2cm位です)
ハルリンドウ(大きさは1~2cm位です)
カテゴリー
02 その他の植物

2009年6月9日 ノハナショウブ

ノハナショウブの花数が毎日、増えています。蕾もたくさんあり、しばらく楽しめそうです。
今日はコモウセンゴケがいっせいに咲き、見事でした。

ノハナショウブ(黄色のすじが特徴です)
ノハナショウブ(黄色のすじが特徴です)
ノハナショウブ(駐車場から管理棟の後ろにたくさん見られます)
ノハナショウブ(駐車場から管理棟の後ろにたくさん見られます)