カテゴリー
03 守る会の行事

2008年5月18日 春の観察会

春の観察会を開催しました。守る会の会員の勉強会を兼ねていた観察会に今年から一般の方にも参加していただくことにし、広報、HPなどで告知したところ、遠く茨城県から参加してくださった方もいらっしゃいました。イシモチソウ、モウセンゴケ、コモウセンゴケ、トキソウ、コキンバイザサ、ウマノアシガタ、カナビキソウなどをじっくり観察しました。

観察会-1 観察会-2 観察会-3 観察会-4

小学生のAちゃんが今日見た植物の絵を白板に描いてくれました。黄色のペンがないので紙などを留める磁石をうまく利用しています。

モウセンゴケ、トキソウ

モウセンゴケ トきソウ

ハルリンドウ、コキンバイザサ

ハルリンドウ コきンバイザサ

ウマノアシガタ。ノアザミ

ウマノアシガタ ノアザミ

カテゴリー
01 食虫植物

春の観察会

群落は春まっさかりです。貴重な植物が自生している湿原で、1920年に国の天然記念物に指定されたところです。観察会の頃には トキソウやノアザミが咲き乱れています,食虫植物のモウセンゴケやイシモチソウには虫を捕らえているのがみられるでしょう。
群落を守る会が案内をする観察会に参加しませんか。

※ 参加費無料 雨天中止

モウセンゴケイシモチソウトキソウノアザミ

主催 成東・東金食虫植物群落を守る会
後援 山武市教育委員会
問い合わせ先: 成東・東金食虫植物群落管理棟 0475-82-4871

印刷用ポスター(pdf)

カテゴリー
02 その他の植物

2008年5月12日 コキンバイザサとノアザミ

今日はとても寒い一日でした。ノアザミとコキンバイザサの写真を撮りました。コキンバイザサの花は直径約1cmです。ノアザミは花数が増えてきました。

コきンバイザサ(花の直径は約1cm) ノアザミ(印象的な色合いです)

カテゴリー
01 食虫植物 04 群落の風景

2008年5月9日 イシモチソウの開花

今年のイシモチソウの開花は1週間ほど遅れ、やっと咲き出しました。トキソウ、コキンバイザサも咲き出しました。
今日は水槽の中で越冬したタヌキモの捕虫嚢に微生物が捕らえられているのが観察出来ました。

イシモチソウ(やっと開花) イシモチソウ(捕虫している) タヌきモ(透明な捕虫嚢) タヌきモ(微生物が入った捕虫嚢は黒くなっている)団体の見がく者ー1  団体の見がく者ー2

カテゴリー
04 群落の風景

2008年5月4日 連休も後半

連休も後半、ちょっとお天気に恵まれず残念です。今年はイシモチソウがまだ咲きません。晴れ間が見えるとハルリンドウはいっせいに開き、曇るととたんに閉じてしまいます。

群落風景

周辺の田では田植えが ほぼ終わりました。

田植え-1 田植え-2

今日はリニューアルオープンした伊藤左千夫の生家と歴史民俗資料館に行ってきました。
茅葺き屋根がきれいになり、資料館の羽目板壁は山武杉が使われています。

伊藤左千夫生家-1 左千夫の文がく碑

歴史民俗資料館