2005年12月9日 冬枯れの群落


群落は一面冬枯れです。そんな中でコモウセンゴケが枯れ葉の間に赤く見えています。
ミツバツチグリの草紅葉も木道脇できれいです。

カルガモが池から飛び立ちました。ちょっとあわてる様子にカメラを向けました。

冬枯れの群落 日差しがやわらかいコモウセンゴケミツバツチグリ池から飛び立つカルガモ

周辺の畑にはねぎや小松菜などの野菜が青々としています。いちご園も開店し始めました。
ホトケノザやオオイヌノフグリも田畑の縁に見られます。
しかし、群落は一面冬枯れです。これが自然の姿だと主張しているようです。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。