いま観察できる植物


【2018年9月17日】

一面のオミナエシは見事です。カゼクサ、チカラシバ、ネズミノオ、オトコヨモギ、ヨモギ、サワヒヨドリ、ハイメドハギ、メドハギが咲き出しました。
カワラケツメイ、タヌキマメ、ツルマメ、イトイヌノヒゲ、ヒメシロネ、ツリガネニンジン、オトギリソウ、ノアズキが見頃です。
その他ではゴマクサ、ヒメハッカ、イトイヌノハナヒゲ、ヤマイ、ヒメナエ、アイナエ、ワレモコウ、トダシバ、ヤハズソウ、イヌゴマなどが見られます。
タヌキマメは午後1時頃から咲き出します。
食虫植物ではコモウセンゴケ、シロバナナガバノイシモチソウ、ミミカキグサ、ホザキノミミカキグサが観察できます。

オミナエシの大群落

オミナエシ(一面黄色です)

カゼクサ(道路に多い)

ネズミノオ(小穂がネズミの尾を思わせる)

ネズミノオ(熟すと種子が露出する)

カワラケツメイ(葉の下側に花がつきます)

タヌキマメ(開花は午後1時頃)

ツルマメ(ダイズのご先祖様)

サワヒヨドリ(咲き出しました)

ゴマクサ(見頃です)

ヒメハッカ(葉はさわやかな香りがします)

ヤハズソウ(小さな花が咲いています)

イヌゴマ(そろそろ終わり)

ヒメシロネ(小さな花がつきます)

ノアズキ(群れて咲いている)

イトイヌノヒゲ(ホシクサ科)

ワレモコウ(あちこちで咲き出した)

イトイヌノハナヒゲ(カヤツリグサ科)

オトギリソウ(花は午前中)

ヤマイ(あちこちで咲いている)

ツリガネニンジン(釣鐘状の花が咲く)

ツユクサ(青い花びら2枚、白い花びら1枚)

コモウセンゴケ(花はピンク)

シロバナナガバノイシモチソウ(モンシロチョウが捕まっている)

ミミカキグサ(花は黄色)

ホザキノミミカキグサ(花は紫)