カテゴリー

いま観察できる植物

【2020年8月6日】

新型コロナウイルスの感染防止のため、案内活動は中止しています。観察にあたり、マスクの着用、検温、連絡先の記入などを求めています。ご協力をお願い致します。
食虫植物ではホザキノミミカキグサが咲きだしました。ミミカキグサ、コモウセンゴケ、シロバナナガバノイシモチソウが観察できます。
その他ではコオニユリ、ヌマトラノオはそろそろ終わりです。コバギボウシ、ツリガネニンジン、ヒナノカンザシ、イトイヌノハナヒゲが咲きだしました。イヌゴマ、オミナエシ、ヤマイ、オトギリソウ、コケオトギリ、アリノトウグサ、ヤブカラシ、カモノハシ、コシンジュガヤが観察できます。

ホザキノミミカキグサ(咲き始めです)
ミミカキグサ(とても小さいです)
コモウセンゴケ(午前中にピンクの花が咲きます)
コモセンゴケの花
シロバナナガバノイシモチソウ(捕虫が見られるようになりました)
シロバナナガバノイシモチソウ(花は午前中)
シロバナナガバノイシモチソウ(捕虫)
コオニユリ(そろそろ終わりです)
コバギボウシ(蕾の形が橋の欄干の擬宝珠に似ることにより名がついた)
ツリガネニンジン(釣鐘状の花が咲き、根が大きい)
ツリガネニンジン(釣鐘状の花が多数つく)
ヒナノカンザシ(人気の植物ですが小さい)
イヌゴマ(今年は花数が多く長く咲いている)
オミナエシ(花数が増えてきました)
オミナエシ(もうこんな状態で咲いている)
ヤマイ(カヤツリグサ科)
オトギリソウ(花弁や葉に黒点,黒線がある)
アリノトウグサ(雄性期)
コシンジュガヤ(格子紋が見える)
タカトウダイ(子房の表面にいぼ状の突起がある)