2016年11月27日 ススキ株の掘り取り作業

雨が心配されましたが降らないうちにススキ株の掘り取り作業を終えることができました。
大株になっているススキ株の掘り取りは大変きつい作業です。
愛土会と成東・東金食虫植物群落を守る会の共同作業です。
ススキ株はその場所に置き、2月中旬頃に土落としの作業をします。
ススキ株についている土にはたくさんの貴重種の種子が含まれています。
大事な土をそのまま捨てる訳にはいきませんね。
土はその場に戻し、ススキ株だけを捨てます。

ススキ株の掘り取り作業
ススキ株の掘り取り作業

2016年11月15日 ウメバチソウ

11月も半ばになり、ヤマラッキョウ、ホソバリンドウはそろそろ終わりに近づきました。
ウメバチソウは数も多く、まだしばらく楽しめそうです。
ウメバチソウは花びらが落ちた姿も面白く、仮雄しべが目立ちます。
タカトウダイ、チガヤ、トダシバが赤く色づいています。

ヤマラッキョウ(一面、赤紫色に染まっている)
ヤマラッキョウ(一面、赤紫色に染まっている)
ホソバリンドウ(晴れている時に開花)
ホソバリンドウ(晴れている時に開花)
ウメバチソウ(花びらが落ちた後、仮雄しべが目立つ)
ウメバチソウ(花びらが落ちた後、仮雄しべが目立つ)
タカトウダイ(赤や黄になっている)
タカトウダイ(赤や黄になっている)

2016年10月31日 ヤマラッキョウ

ヤマラッキョウ、ウメバチソウ、ホソバリンドウが群落一面に見られます。
秋の1日を楽しんでください。
ヤマラッキョウは白花、薄ピンク色の花も時々見られます。
ウメバチソウの白はとても気品高く見えます。
ホソバリンドウは枯葉色の群落でひときわ鮮やかです。

ヤマラッキョウー1
ヤマラッキョウー1
ヤマラッキョウ-2
ヤマラッキョウ-2
ヤマラッキョウー3
ヤマラッキョウー3
ヤマラッキョウー4
ヤマラッキョウー4
ウメバチソウ
ウメバチソウ
ホソバリンドウ
ホソバリンドウ
アキノキリンソウ
アキノキリンソウ

2016年10月23日 秋の観察会

暖かい日でのんびりと秋の群落を楽しんでいただけたようです。
遅れ気味だったヤマラッキョウ、ウメバチソウも開花してくれました。
先に咲き始めたリンドウやホソバリンドウは鮮やかなブルーでよく目立ち、タカトウダイは紅葉し始めています。
観察会は終わりましたがこれからがヤマラッキョウ、ウマバチソウ、ホソバリンドウの季節です。
守る会では11月半ばまで土日、祭日に案内活動(無料)を行います。
是非、お出かけになり、遠慮なく声をかけてください。

秋の観察会ー1
秋の観察会ー1
秋の観察会ー2
秋の観察会ー2
秋の観察会ー3
秋の観察会ー3
ウメバチソウ(咲き始めました)
ウメバチソウ(咲き始めました)
ヤマラッキョウ(少し開花が遅れ気味)
ヤマラッキョウ(少し開花が遅れ気味)
カントウヨメナ(やさしい色です)
カントウヨメナ(やさしい色です)
ワレモコウ(名前は吾も赤ということから)
ワレモコウ(名前は吾も赤ということから)

2016年10月17日 ゲンノショウコ

リンドウ、ホソバリンドウ、ウメバチソウが咲き始めました。
ゲンノショウコは花と蒴果が見られます。
蒴果はみこしの屋根の形に似ていることからミコシグサとも言います。

ゲンノショウコ(蒴果がみこしの屋根に似る)
ゲンノショウコ(蒴果がみこしの屋根に似る)
リンドウ(株数は少ない)
リンドウ(株数は少ない)
ホソバリンドウ(葉が細い)
ホソバリンドウ(葉が細い)

2016年10月7日 ヤマラッキョウの蕾

マラッキョウ、ウメバチソウの蕾が大きくなってきました。
ホソバリンドウは一足早く咲き出しました。
見頃は20日過ぎ頃ではないかと思います。

ヤマラッキョウ(見頃は20日過ぎだと思います)
ヤマラッキョウ(見頃は20日過ぎだと思います)
カゼクサ(やさしく風に揺れる)
カゼクサ(やさしく風に揺れる))
ゲンノショウコ(花弁の筋がきれい)
ゲンノショウコ(花弁の筋がきれい)

2016年10月7日 ナガバノウナギツカミ

ナガバノウナギツカミが観察できます。
例年より株数が多いようです。
葉柄があるのが特徴です。アキノウナギツカミは葉が茎を抱きます。
花のすぐ下に赤い腺毛があります。

ナガバノウナギツカミ(たくさんある様子を撮るのはなかなか難しい)
ナガバノウナギツカミ(たくさんある様子を撮るのはなかなか難しい)
ナガバノウナギツカミ(花の下に赤い腺毛がある)
ナガバノウナギツカミ(花の下に赤い腺毛がある)

秋の観察会 10月23日(日)

秋の観察会を10月23日(日)10時~11時半に行います。
受付は9時半から管理棟前で行います。先着20名、小雨決行、参加費無料です。
ヤマラッキョウの群落は見ごたえがあります。
ウメバチソウやホソバリンドウもきれいです。
是非、お出かけください。

秋の観察会

2016年9月6日 オミナエシが満開

オミナエシとゴマクサが満開で、群落一面が黄色になっています。
オミナエシばかりに目がいくと思いますが下にはゴマクサがたくさん咲いています。
カワラケツメイやノアズキも黄色です。

オミナエシ(見事な群落)
オミナエシ(見事な群落)
ゴマクサ(今年は株数が多い)
ゴマクサ(今年は株数が多い)
ノアズキ(ぐるっと巻いた花が特徴的)
ノアズキ(ぐるっと巻いた花が特徴的)
オトギリソウ(私も黄色)
オトギリソウ(私も黄色)

2016年8月15日 タヌキマメ

タヌキマメが咲き出しました。午後1時頃から開花します。
可愛らしい姿が人気です。午前中から来られ、昼食休憩後にまた、群落に来られる方も見受けられます。
タヌキマメを撮影、そして午後4時頃開花のミズオトギリを待ちます。
私達は地元にいるのでいつでも見られますが遠くから来られる方にとっては大変なことですね。
それだけ、魅力的ということでしょうか。

タヌキマメ(毛の感じがタヌキそのもの)
タヌキマメ(毛の感じがタヌキそのもの)
タヌキマメ(横顔も可愛い)
タヌキマメ(横顔も可愛い)
ミズオトギリ(開花したばかり)
ミズオトギリ(開花したばかり)