成東・東金食虫植物群落

九十九里平野のほぼ中央に位置し、山武市島(旧成東町)と東金市上武射田にまたがって広がっている成東・東金食虫植物群落は、大正9年(1920年)日本で初めての天然記念物に指定されました。

2021年の時点で約450種の植物が確認されています。8種の食虫植物をはじめとして、たくさんの貴重な植物が生育しています。

コロナ禍の対応について

現在、コロナ禍のため案内活動を中止しています。
見学に際し、氏名、住所、連絡先、体温、渡航歴を記入して頂きます。見学可能な時間は9時から16時までです。
団体の受付は14名までです。受付は山武市歴史民俗資料館文化財担当 0475-53-3023で行います。来訪時に参加者の名簿を提出して頂きます。様式については歴史民俗資料館文化財担当にお尋ねください。案内は行いません。

ボランティア団体である「成東・東金食虫植物群落を守る会」はこの植物群落を管理されている山武市教育委員会に協力し、植物の保護管理に関して必要な活動を続けています。

また、イベント(観察会・親子教室)を開催したり、群落を一緒にまわって生育している植物等をご案内するボランティア活動をしております。(コロナ禍のため案内活動は中止しています)

アクセス

お知らせ・ブログ

  • 2021年6月19日 栗の花
    栗の花をじっくり見たことがありますか?遠目にいっぱい花が咲いているのは見かけることでしょう。これは雄花です。近 […]
  • 2021年6月9日 ノハナショウブ
    ノハナショウブが見頃です。今年は少し咲き始めが早く、すでに満開です。
  • 2021年5月27日 ノハナショウブ
    ノハナショウブが咲きだしました。外花被片の中央部にある黄色の斑紋が特徴です。見頃はもう少し先です。
  • 2021年5月12日 ノアザミ
    ノアザミが満開です。ピンクの花は5月の空に似合います。トキソウ、コキンバイザサも見頃です。
  • 2021年5月12日 ハルリンドウ
    ハルリンドウは花期を過ぎて種子を飛ばす準備をしています。雨が降りそうになると蒴果の先を開き、雨を待ちます。雨滴 […]